安全な花粉症対策

子供が花粉症になってしまったときの注意点

子供 花粉症
子供の花粉症は大人にとっても頭の痛い問題です。
年々低年齢化している花粉症ですが、
年齢が低くなるほど、自分で花粉症の対策はできにくくなります。

 

子供の花粉症は家族が気を配り、
みんなで対処していくことが大切になってきます。

 

花粉情報をテレビなどでチェックすることも必要です。
そして花粉が飛びやすい時間帯は外出を避けるように子供に話したりして、
少しでも花粉を避けるような試みをするほうがいいでしょう。

 

外に出る時には、マスクなどでしっかりと花粉対策をしましょう。
マスクを嫌がる子供の場合は、スプレーするだけで花粉対策ができるグッズ
などを使ってみるのもよいでしょう。

 

それから、外出して帰宅したときは家族全員が洋服を着替える、
または花粉をよく払ってから家の中に入るようにしたいものです。

 

いったん家の中に花粉が入ってしまうと
それによって鼻水やくしゃみが止まらなくなるといったこともあるからです。

 

目にも気をつけてあげましょう

また、目や鼻のかゆみが強いと強くその部分をこすってしまい、
傷をつけたりすることあるので、大人が注意を払うことが必要です。

 

目薬や点鼻薬を使う時には、
強い薬を使ったり、だらだらと長期間使用しないよう注意しましょう。
薬を使う場合は、使用方法を守って使うことが大切です。

 

 

そして、早寝早起き、バランスの取れた食生活、適度な運動で体を鍛えるなど、
生活習慣を見直して花粉症を根本から改善していく努力をすることが
なによりも重要なことでしょう。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて