子供 花粉症

花粉症を引き起こす原因となる植物について

花粉症を引き起こすのは花粉です。
花粉症対策として、花粉症を引き起こす植物やその時期を知る必要があります。

 

樹木の種類

全国的にはハンノキとコナラ
・北海道を除く全国ではネズ
・関東より南ではヒノキ
・関東より北ではシラカンバ
・主に関東地方ではオオバヤシャブシ
・主に東北ではリンゴ

 

花粉の時期

・春に飛散のピークを迎えるのは樹木の花粉
2月から4月にかけて北海道を除く全国でスギ花粉
・夏にピークを迎えるのはイネ科の花粉
・秋にピークを迎えるのはキク科の花粉

 

 

春は花粉症の発症が一番多く見られる季節です。

 

春ではなく夏に花粉症を発症する人は、イネ科の花粉がアレルゲンかもしれません。
また全国的に、カモガヤ、オオアサガエリ、ハルガヤ、ホソムギ、スズメノカタビラ、
スズメノテッポウなどの飛散が見られます。

 

秋はキク科の花粉の他、全国的に、ヨモギ、ブタクサ、カナムグラ、ヒメスイバ、ギシギシ、
また北海道を除く全国で、オオブタクサ、カラムシの飛散が見られます。

 

秋は肌寒くなり花粉症の症状が出ても、風邪と間違いやすくなります
花粉症の対策をしっかりして、風邪とまちがわないようにしましょう。

 

冬は比較的花粉の飛散が少なく、花粉症から解放される貴重な季節です。

 

 

このように、花粉はほぼ一年中飛んでいます。
解放されている冬の間にしっかりと予防策を取り、花粉の季節に備えるようにしましょう。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて