薬に頼らない鼻炎対策

体の免疫力を高めて花粉症を予防しよう

花粉症の症状を直接的に防ごうと思った場合は、
どうしても鼻炎・アレルギー対策のお薬が必要となりますが、
小さな子供にはできるだけ薬は使いたくないですよね。

 

そこで重要になるのが、「体の免疫力を高める」ということです。

 

花粉症に代表されるアレルギー関係の病気の原因については、
体内の免疫機能が正常に働いていないことが理由の一つだと言われていますので、
この免疫機能を正常に戻し、なるべく症状が出ないように予防対策をしましょう。

 

多くの人がやっている、薬を使って症状を抑え込むという方法は、
まだ体が小さな子供にとっては負担が大きく、好ましい方法とは言えません。

 

したがって、もっと根本的な花粉症対策として、
体の免疫力を高めて花粉症になりにくくする、という考え方がベストです。

 

ただし、この考え方はあくまでも「予防対策」なので、
すでに症状が出はじめてしまっている場合は残念ながら少し遅いです。
その場合は、こちらのページで紹介しているサプリメントを試してみて下さい。

 

免疫力を高めるために「腸内環境」を良くしよう!

 

体の免疫力を高めるために重要なことは、「腸」の働きをよくすることです。

 

腸内環境が悪くなってしまうと、免疫機能が正常に働かず、
肌が荒れたり、アレルギー体質になりやすくなったりします。

 

この腸内環境を整えるためには、腸内の「善玉菌」を増やす必要があります。
よく聞く菌の名前としては、「ビフィズス菌」などが有名ですね。

 

この善玉菌を増やしてあげることで、腸内環境が良くなり、
その結果、花粉症などになりにくい体質になると言われています。

 

子供でも手軽に、安心して食べられる腸に良い食べ物は?

ヨーグルト

 

腸内環境を整えるために非常に効果的な食べ物としては、
前述の「ビフィズス菌」と、そして「オリゴ糖」が挙げられます。

 

どちらも健康食品として有名なので、
知っている人も多いと思います。

 

もっともオススメなのは、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べる方法です。
これなら小さな子供でも安心して食べられるし、用意も簡単です。

 

ただし、ヨーグルトとオリゴ糖を選ぶ際には、
それぞれ以下のような注意点があるので覚えておきましょう。

 

  • ヨーグルトは「ビフィズス菌入り」の物を選ぶ
  • オリゴ糖は「ラフィノース」という種類の天然オリゴ糖を選ぶ

 

ヨーグルトについては誤解している人も多いのですが、
実はすべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではありません。
したがって、必ずビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶようにします。

 

また、オリゴ糖を選ぶ際も、必ず天然のオリゴ糖を選ぶようにします。

 

添加物が入ったオリゴ糖製品だと、腸内に届く前に成分が吸収されてしまい、
肝心の腸内環境を整える働きが弱くなってしまうからです。

 

また、加糖されたオリゴ糖製品の場合はカロリーも高いので注意が必要です。
天然のオリゴ糖なら、砂糖の半分程度のカロリーなので子供でも安心です。

 

近所で手に入らない場合はネット通販を使うと便利

 

ちなみに、ビフィズス菌入りのヨーグルトとしては、森永乳業の「ビヒダス」が有名です。

 

近所のドラッグストアやスーパーなどでも簡単に手に入りますが、
もしなかなか見つからない場合は楽天市場などで買うとお手軽です。

 

また、天然オリゴ糖のラフィノースはなかなか近所では手に入れにくいので、
こちらはネット通販を利用して購入した方が手軽です。

 

品質面で圧倒的な人気を得ているのが、「カイテキオリゴ」という商品なので、
こちらをヨーグルトにかけて、毎朝食べさせてあげるのがオススメです。

 

「カイテキオリゴ」は、以前は「北の大地の天然オリゴ糖」という名前でした。(改名しました)
カイテキオリゴは高純度の天然オリゴ糖なので、赤ちゃんでも安心して食べられる健康食品です。
小さな子供の場合は、2〜3g程度(スプーン半分)をヨーグルトにかけてあげればOKです。

 

まだ体の弱い子供にとっては、強いお薬を使うと負担が大きくなってしまうので、
出来るだけ薬は使わず、花粉症にならないように予防対策を工夫してあげましょう。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて