副作用のない対策

子供の花粉症治療に薬はよくない?

子供 花粉症
子供が花粉症を発症すると、見ているだけでもかわいそうです。

 

花粉症の治療薬には、

 

  • 化学物質の分泌を抑える薬
  • 化学物質が作用するポイントをブロックする薬
  • その他の抗アレルギー薬

 

があります。

 

 

化学物質の分泌を抑える薬は、化学物質をすべて抑えることは難しく、
徐々に効いていく程度の薬なので、効果は強くありません

 

化学物質が作用するポイントをブロックする薬は抗アレルギー薬の代表的な薬で、
種類も多く、的確に化学物質の分泌をブロックしてくれますが、副作用があります。

 

その他の抗アレルギー薬は、ステロイド薬と自律神経作用薬に分けられ、
副作用が強いので内服薬としてよりも点鼻薬として使われています。

 

 

どの薬も症状を緩和してくれる薬ですが、根本的に花粉症を治すものではありません

 

また薬には副作用がつきものですので、子供に服用させるのは抵抗があります。
症状がひどい場合は、薬で症状を緩和させることも大切ですが、将来的なことを考えて、
根本的な治療も視野に入れましょう。

 

アレルゲンの接触を極力避けるのが有効

子供の場合、アレルゲンの接触を極力避けるのが、
花粉症を発症させない一番の方法です。

 

アレルゲンを避けても接触してしまうことは日常茶飯事ですが、
マスクや体内にアレルゲンを入れにくくするスプレーなどを使って
極力、花粉との接触を避けるようにしてあげましょう。

 

もし、体内にアレルゲンを入れてしまった場合は、うがいや目洗いなどを行い、
衣類についたアレルゲンは払って落としてください。
花粉のピーク時などは、なるべく外出を避けた方がいいようです。

 

最近では、副作用のない漢方薬が出てきています。
漢方薬には即効性を期待することはできませんが、飲み続けることによって
体質改善につながっていくことが期待されます。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて