アレルギー 治療

花粉症治療の基本的な方針

春先になるにつれて花粉症の季節がやってきます。

 

花粉症はひどくなると日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。
集中力が低下したりイライラしたりと、子供にとってもよくない状況になってしまいます。

 

医療機関に行けば、抗アレルギーの点鼻薬や目薬などを処方してもらえますが、
これは対症療法になります。

 

一時的に症状をおさえたとしても、花粉症は毎年かかるうえに、
子供の場合、悪化してしまうということも考えられます。

 

花粉症の起こるメカニズムは、体が花粉を外的と判断して
拒否反応を起こしているということです。
花粉に繰り返し接触することでさらに悪化してしまいます。

 

 

対処療法も必要かもしれませんが、基本的には花粉症の時期に、
自宅で目や鼻を洗ったり、外から帰ってきたら衣服にくっついた花粉を払って、
花粉を体に入れないよう徹底することが花粉症を軽減させることになります。

 

子供の場合は自分で対策することが困難なので、マスクや花粉対策グッズなどで
花粉を体に入れないような対策をしてあげましょう。

自分でできる花粉症対策を!

またテレビなどで花粉情報をよく観ておいて、
花粉が大量に飛ぶ時間帯に外で遊ばせないなどの対策を立てるのも
花粉との接触を避けるコツです。

 

子供の場合、体を鍛えたり、規則正しい生活習慣を整えることも非常に大切です。
そうすることで、風邪をひきにくい体になったりと
花粉症以外でも体にとっていい効果を生みます。

 

毎年、花粉症になって医療機関を受診するのも時間的にも金銭的にも大変なことです。
花粉症になる前に、しっかりと予防策をとっておくことが重要です。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて