乳児 アレルギー

親の花粉症は子供に遺伝する?

子供のアレルギーは、乳児の頃は食物アレルギーなどで起こるアトピー性皮膚炎、
そしてそのアレルギーがかたちを変えて喘息などにかわっていく
アレルギーマーチというアレルギーが一般的です。

 

そのアレルギーマーチの過程から、
子供の花粉症はあまりないとされていましたが、近年では年々増えていっています。

 

花粉症は遺伝するの?

花粉症の原因は花粉の大量飛散に加え、食生活の変化、大気汚染や生活環境のほかに
遺伝的な要素があることがわかっています。

 

親のどちらかに花粉症がある場合、子供にも遺伝するといったデータ結果があります。
両親が花粉症になっていない場合に比べて、子供が花粉症になるケースは

 

  • 両親のどちらかに花粉症がある場合は約2倍
  • 両親のどちらにも花粉症がある場合は約3倍

 

と、高い確率で花粉症になっているというデータ結果があります。

 

 

アレルギーのタイプにはT型からW型までのタイプがありますが、
その中でT型アレルギーは遺伝性ということがわかっています。

 

子供を持つ親で、自分が花粉症だという人は、子供にも注意を払っておく必要があります。

 

また、家族の中のだれかが花粉症である場合も、
子供も花粉症になる可能性があると思って、
花粉の飛散が多い時期は注意をしておくことが大切です。

 

もし自分が花粉症でない場合は、子供が花粉症になっても症状に気がつきにくかったり、
対処方法がわからなかったりする場合がありますので気をつけましょう。

 

きっちりと早めに対処することで症状を軽減させることも出来ます。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて