アレルギー 対策

子供の花粉症は悪化しやすい?

子供 花粉症
花粉症を発症する年齢は低年齢化しています。

 

また、子供の花粉症は最近は増加傾向にあります。
16歳未満の子供の3割以上が花粉症になっており、
1歳以下という乳児でも花粉症になっている
ということが報告されています。

 

子供はアトピー性皮膚炎をもっている場合に花粉症を発症しやすくなっています。

 

大気汚染などの環境悪化やスギ花粉などの花粉症を引き起こす花粉飛散の増加、
食生活の変化などさまざまな要因があるともいわれています。

 

子供の場合、大人よりも免疫力が弱いために
粘膜にスギ花粉などの外的な影響を受けやすくなっています。

 

子供の花粉症の場合、大人のように自分で対策ができません。

 

鼻水や目のかゆみといった症状に耐えられなくなって目を強くこすってしまったり、
鼻水が止まらずイライラしてしまったりといったことがあります。

 

目をあまり強くこすりすぎると目に傷が入ってしまったりすることも考えられます。
そんなときは、花粉症の目薬を使用したり、
病院へ連れていって受診をするなど大人が早めの対策をとる必要があります。

 

子供の花粉症対策に

花粉症の対策として、体を鍛えることも大切です。

 

最近の子供は運動不足ということが伝えられていますが、
適度に運動をする、また運動になるような遊びを生活に取り入れるなど、
生活習慣を見直してみることも大切なことです。

 

そして、大人といっしょでストレスや睡眠不足もよくありません

 

子供の花粉症は悪化しやすいですが、
まわりにいる大人がちょっと気を配ることで症状を軽減することも可能でしょう。

 

子供の花粉症を悪化させないためにも、マスクや帰宅時の花粉払いなどを実行し、
できる限り花粉の侵入を防ぐように心がけましょう。

 

また、こちらの記事にも書いたように、
体の免疫力を高め、花粉症の症状を出にくくすることも大切です。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて