安全な花粉症対策

子供の花粉症対策は大人よりも難しい?


花粉症と言えば、いまや日本人の4人に1人が悩んでいると言われるくらいメジャーなアレルギー性鼻炎のひとつですが、実は最近小さな子供の間でも
花粉症が広がってきています。

 

小さな子供の場合、大人と違って免疫力がまだ弱いため、時には症状が酷くなってしまうこともあります。

 

また、大人と違って効果が強い薬も使えませんので、
子供の花粉症対策はより難しいものとなるので注意しましょう。

子供を花粉から守るための基本対策

今説明したように、子供の場合はあまり強い薬などは使えないため、

 

  • できる限り花粉が体内に入るのを未然に防ぐこと
  • 体質改善に取り組んで少しずつ花粉に強くなること

 

この2点を意識することが基本的な花粉症対策となります。

 

もちろん、これは本人にも気をつけてもらわなければいけないことですが、
子供の場合は自分一人で花粉症の対策を完璧にすることはできません。

 

だから保護者であるお父さんやお母さんが、しっかり気を配ってあげましょう。

 

 

また、日常生活の中で特に注意すべき点は、
なんといっても「できる限り花粉を遠ざける」ということです。

 

なぜなら体質改善などは一朝一夕で出来るものではありませんので、
とにかく花粉症の原因となる花粉を防ぐことが最優先だからです。

 

例えば子供が外から家に帰ってきたら、必ずうがいと手洗いをさせること。
また、選択した洋服や布団などを取り込む際は、必ず花粉を叩いて落とすこと。

 

このようなちょっとした気遣いがとても大切になってきます。

 

また、小さな子供が花粉症になると、精神的なストレスもかなり大きなものになります。
ついイライラして目や鼻をかきむしってしまうこともあるので注意して下さい。

 

 

とにかく、花粉症から子供を守るためには、
できる限り花粉に触れさせないようにするのが対策の第一歩となるので、
うがい、手洗いはもちろんのこと、なるべくマスクもつけさせるようにしましょう。

 

(目の症状が酷い場合には、花粉対策用のゴーグルなども活用しましょう)

 

また、薬を使って花粉症の症状を抑え込むのは、あくまでも一時的な対処です。
小さな子供にとっては、薬の常用は負担が大きいので注意しましょう。

 

子供の場合は、できる限り薬は使わずに、
体の免疫力を高めることで、花粉症を予防することを心がけましょう。

 

小さな子供には、できる限りお薬は使いたくない!


体が小さな子供には、強いお薬は体の負担となります。
花粉症がつらい場合にも、できるだけお薬は使わずに、
副作用のないサプリメントを選びましょう。

 

→子供でも安心して飲めるサプリメントについて